首の痛みを首だけみていても変わりません。体全体で痛みを考えると改善につながります。





首の痛みは股関節が原因

先日はご来院ありがとうございました。

首の痛みと身体の状態について、お伝えしたいと思います。

※違いを分かりやすくするために過剰に表現させています。

右のモデルは股関節が伸びない状態で立ったときの姿勢です。

左のモデルは股関節が伸びる状態で立ったときの姿勢です。

このモデルは重心をあわせると自立しますので、自立させるためにはこの姿勢にする必要があることになります。

股関節が伸びない状態では、膝を曲げて首を前に倒すと重心が揃い立つことができます。

この状態では、首はストレートになり首の後ろに負担がかかりますので、首が痛くなってきます。

また膝が伸びないので、膝が痛くなってきます。

次に寝たときの姿勢です。

上のモデルは股関節が伸びない状態で、寝たときは腰が反った姿勢になります。

下のモデルは股関節が伸びている状態で、寝たときはまっすぐの姿勢になります。

カウンセリング時にお聞きした症状をまとめてみると、首の痛みと、寝ているときの腰の痛みと、階段などで膝が痛くなってくる事がつながります。

関節の動きを確認した時に、股関節があまり伸びませんでした。モデルの様に過剰に見えれば自覚もしやすいですが、日常生活の中では、関節の硬さに気付きにくいことが多いです。

股関節の硬さに左右差がありましたので、まずは両方揃う様に少しずつストレッチしてみてください。短期間に沢山行うよりも、少しずつ続けられるほうが効果的です。

またストレッチについてはお伝えしていきます。



この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterで整体院 結癒~ゆい~をフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク下大




スポンサーリンク下大




カテゴリー